2008年11月11日

初心に戻る




肌荒れがひどいこのごろ。
冬が近づいてきたのかと思いきや。。

IMG_0749[1].JPG

多分このほんのわずかなブログを書くことに不慣れなせいもあろう。
一つの記事を完成させるのに、昨日は、完成最短記録更新のはずだった。

「すべて書き終えた〜っ」

と喜んでいるたのもつかの間、どこか変なところを押してしまったのか。。。全部消えてしまったのだ。費やした時間ゆうに、3時間半・・・

毎晩、そんなドジをしているため肌荒れが気になった昨日朝。

まずは皮膚科へ。

その後、家に戻ってジュレを車に乗せ、その足で次なる目的地に。

一昨日お誘いを受け、知り合いの方がいる神社へ。

神.jpg




最初にジュレを迎えるにあたって、わたしには、どうしても覚悟と勇気が必要だった。

ジュレに出会った一年半前の春。

これから私と一匹。「この子は私のところに来てはたして幸せだろうか?」

自分の生活だけでなく一から十までジュレの生活は私の力量にかかってる。

・・・とジュレ側から客観視してみると、迎える条件的には、一般的に考えるとそのように考えてしまう面はあった。」

IMG_0720[1].JPG

しかし、私側に立ってみると、、
ジュレに最初に一人で会いに行ったとき。

「ジュレと、この子と歩んでいきたい。」

そう心から思ったことに、一ミリの迷いさえない気持ちは、今でも変わらない。


母から「そう思えるなら、できるよ。幸せに」
と背中を最後に押してもらったのを覚えている


4_OrrUjP.jpg

「こころ強くありたい」、と決意の如くこの神社にお払いをしてもらいに行った。

ジュレを迎えた昨年の3月。

そして区切りがついた今日。
ひょんなことから、久々にまたここを訪れました。

ジュレは初めてだね。

当時の気持ちを思い出し、今日はまた、心あたらしく持ったような気分。

その後、近くの公園へ。


_U9B0zHG.jpg

ジュレ、カモさんに夢中です。

「カモさんだ」と指差すと

「どこどこ?」と必死にさがす。

その後も、

_U9B0zHG.jpg


銀杏の葉っぱもキャッチして遊びます。

IXeyy8nK.jpg

xhEV5typ.jpg

風に乗って落ちてくる色づいた葉っぱを、楽しそうに追いかけます。
途中あまりにも夢中になりすぎて、キャッチしたまま葉っぱを食べてしまうことも。。

3nZIjetf.jpg


落ちてくる葉っぱでさえ興味津々なジュレ。

2度目の秋。毎年巡り巡って同じ季節が来てもキミが感じる世界はいつも新鮮なんだね。

T5_CoTYP.jpg

今私の傍らに、いつも当たり前のようにいるキミ。

そのことを当たり前と思わないように、

どんな季節がまたきても、どんな明日でも。。。

キミに最初に出会った喜びをいつも忘れないでいたい。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
ポちっと押して頂けると嬉しいです右にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ


ニックネーム Mai at 22:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1553555

この記事へのトラックバック

ランキングサイトから飛んできました
Excerpt: ステキなブログですね。ランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。http://tavivito.blog..
Weblog: 旅行好きな人のためのブログ
Tracked: 2009-03-07 08:04